先にカニを生のまま大きく広げた状態にします、そしてカニハサミを用いて、ハサミで切って行きます。たいていは、次々食べようとコースで申し付けて、かにの天ぷら、定番の生のかにや焼きがに、かに茶碗蒸し、生のかに、焼きがに、カニを使った料理が次々運ばれます。カニが赤く染まっているだけでも興味をそそられますが、食した時の甘みのある成分、確実にコクのあるダシが完成するのも魅力的なんですよね。安定した味わいで、他の味付けしなくても食べれます。1年に1回はリッチな気分で大量に漁獲される季節には食すために地方へ行くのが恒例です。

焼いて食してもかなり美味しいくそれへバターテイストが加わることによって一層味わいがよく、もっと食べたくなるのですよね。ここのカニの専門料理店とは、一昔前は高級ホテルの案内所としてが始りとのことで、そんな事情があるから、味にはこだわりが提供できてると感じます。初めてそのカニを見た私だったのですが、不思議な気分で眺め、きっと訳ありで販売されるんだろうな」との感想を持ちました。カニを使った料理で焼きガニとかカニ鍋とかも味が良くって幸せ感がありますが、カニの料理の中のカニしゃぶは、方向性が違う調理法かな・・・という気がします。

店舗の造りは日本的で穏やかで、仕切りがあるのでしっとりとカニの料理を楽しめました。振り返ると、冬場に行った記憶があり、体が凍えておりましたので、セコガニの釜飯が温かくて、心から美味しいと気持ちが落ち着きました。そういった感じで普通に食べても美味しい焼きガニ、もうちょっと進化させたメニューの黄金焼きは、ずば抜けて美味しい味覚の気がします。私が若年層の時、仲間を誘って訪れてみたんですが、自分たちのような私達のような若年層は見合った金額では違ってましたよ。
見ろ!タラバガニの鍋用冷凍がゴミのようだ!