凍らせたままのカニを、食べれる状態に戻して、いい具合になったら、お酒と一緒に食べる、と最高です!その段階で、火力を弱めることなく、カニの脚を鍋に投入してグツグツ煮るのが美味しくできる秘訣です。それは私が見た私だったのですが、不思議な気分で眺め、きっと訳ありで販売されるんだろうな」認識しました。
貧困と北国からの贈り物の口コミ評判

WEBから通販で購入したカニなんですが一番大きくておよそ30センチくらいであり、全体的に足が短小で甲羅内部はたくさんのカニ肉がたっぷりでした。フローズンのものでなく、海から揚げてその場で出来立ての味の雰囲気だったのです。あるいは獲れた場所が北海道であったからおいしい味だったんでしょうかね。中でも、日本海の漁港で漁獲した活き活きしてるカニでかなり極上でした。通常食卓にカニが上るなんて疎遠ですから楽しめました。

カニの事を考える時には、代表的なズワイガニやタラバガニや毛ガニ等を思い浮かべるのではないでしょうか。ところが、私が暮らしているココ岡山の地では、カニを思う時はワタリガニなんです。私の父なんですが仲間たちと我が父親ですが、ある時にその仲間たちと冬の時期に淡路島へ船の上の釣りに言った模様で、数匹のワタリガニを持ち帰ってきたのです。昼休みがわずか60分で、おいしい毛ガニを無念ですが食べただけ結果でした。