その後カニのハサミのカニ肉を切ってから、中身を取り出しました。
大人のズワイガニの冷凍トレーニングカニのハサミ部分を簡単に切るためには切り込みを入れると楽勝でした。年ごとに通い詰めてる間に私の息子と娘も育ってしまいましたが、この定例となってる催しに、自ら参じています。献立にかに料理が並ぶ店に、新年家族全員で行くのが、お決まりイベントなんです。無礼講で気兼ねなく手のみでそのまま食べたりもしちゃいます。

おそらく、旅は冬にのですが、かなり冷えていて、ご飯が熱いセコガニ釜飯を食した瞬間、心から美味しいと感じた記憶があります。世間一般の中ではカニと聞くと、有名なズワイガニとかタラバガニや毛ガニ等を考えますよね。けれども、私が住む岡山地方では一般的にワタリガニを思い起こすでしょう。一般的な焼きガニやカニ鍋は美味しい味は充分ですが、カニしゃぶは、一風変わった感じですね。

カニについては、カニの身が美味しいということであるのですが、外に出てないオレンジ色の卵がひときわ味がよくて、カニのいいところはあらゆる方向から違った風味が違う味わいも楽しめるスゴイ食べ物ですよね。ことさら日本海の荒波が押し寄せる氷見漁港で水揚げされた新しいカニなのですごくおいしかったですよ。滅多にカニとはないものですから堪能できたんですよね。急速冷凍したカニでなく、海から獲ったらすかさず作ったかのような味覚でした。もしくは北海道の地域のだからその味がおいしいと思ったんでしょうね。