カニしゃぶでは、だし汁にくぐらした時に、その直後にすぐさま食べる事が可能ですし、その後また、別のカニを茹でて、さっと口へ運ぶなんて感じを、堂々巡りですが、何度も、お腹にすでに入ってる感じと口に広がる味わいとで、お腹の満腹度によって違うのでカニしゃぶの魅力でしょう。ラストですが、崩れやすい豆腐を入れてさっと煮、その段階で煮えてる具材を食していくのが我流です。私がカニを食べる時は、茹でずに刺身も、鍋へ入れて調理しても海の風味が出て、すごくおいしいためお気に入りです。粒上になってる甲羅の内側についてる茶色の塊はまろやかで、好きな味です。けれども、入ってる量が少ないの難点ですよね。

私の家庭でカニの中でも種類で近日食べると言えば、タラバガニがありますね。タラバガニについてですがザリガニの類になり、極太の足で、食べるとおいしい味です。カニを食べる時は相当な数が存在してますが、何と言っても日本国内では家庭では鍋を囲んで楽しそうにいただくのが光景が思い浮かびますよね。ベースとなるだしは、鍋に水を入れてから、薄い味のしょうゆや砂糖、みりんもいれて味を調えていきます。
これは必見でした。ワタリガニの鍋タラバガニの冷凍ボイルからの遺言旧知の友が石川県と富山県に暮らしていて、その友らと合流して、富山県の氷見地方に泊まって、夕食にカニコースを食事しました。

安定した味わいで、合わせ調味料は不要です。年に1回豪勢な気分で、大量に漁獲される季節には現地まで訪れます。たまに、かにすきを頼みますが、つまるところ、お決まりで、次々カニが出るコースで注文してます。多種の献立のうち、ちょっと高級でしたが、私はカニチラシを食事として摂りました。カニチラシは高くて相当おいしく、内容が工夫されてる味だったと思います。茹でただけのものを食卓にあげてもイケますが、カニ鍋もおいしいです。カニとその他、魚などの水産物も入れる事によって、デラックスなカニ鍋なんていいですね!